【これで物知り博士!】androidアプリ開発やITの今後の将来

IT

ユーザーニーズを見極める

スマートフォン

スマートフォンの普及率がガラケーを越し、誰もがスマートフォンを操作することが出来る時代になってきています。スマートフォンがここまで広く普及したのはアプリのお陰が大きいという見解があります。スマートフォンはガラケーとは比較することが出来ないほど所有者に対して自由度が与えられています。そのためカスタマイズが容易で、所有者に適応した環境の構築が出来ます。その適用を支えるのがアプリであり、アプリをインストールすることで機能を追加することができ、スマホの可用性を高めることが出来ます。スマホ所有ユーザーにとってアプリのインストールや使用はもはや日常的なもので、面白いと思ってものがあればインストールしますし、活用機会があれば利用します。そのためアプリ開発をビジネスとする企業も多くなり、IT業界においてはアプリ開発は最も活気だっている分野と言えるでしょう。
これから実際にアプリ開発を行なうという場合は、まずOSとニーズを適切に見極める必要があります。スマートフォンは一種類ではなく、複数種類あります。主に搭載されているOSで分類が可能ですが、OSが異なれば開発の仕方も大きく変わってきてしまいます。例えば世界中で最も利用されているandroidOSであれば広く一般的にアプリの提供を行うことが可能でしょう。OSの選択は提供ユーザーの制限にも繋がり、市場選択という大きな意味合いを持ちます。そのためじっくりしっかり選択することが求められるでしょう。OSの選択も重要ですが、それよりも更に本質的な部分としてニーズがあります。アプリ開発を行なう時は必ずペルソナを設定します。このペルソナを設定するためにはニーズを正しく見極める必要がどうしてもあります。誰に提供するのか、どんなニーズがありどれだけのDL数が見込めるのかを決定する大きな一歩になるため、ニーズの分析を行なうことは必要不可欠になります。ニッチなニーズを選択するのか、それともポピュラーなニーズを選択するのかは自由ですが、選択するニーズによってアプリ開発に掛ける予算の配分も決まってくるでしょう。

IPとの関係性

ネットワーク

IoTがこれまで実現できなかったのはIPアドレスの制限にあります。IPv4では理論上43億通りしかアドレスを割り振ることが出来ず、この制限があったためモノにアドレスを割り振ることが不可能でした。

読んでみよう

セルフ注文の自由度

店舗

オーダーシステムはオーダーを取るための専用システムで、多くの場所で活用されています。オーダーシステムを導入することで店舗側の作業は大きく削減することができ、お客さん側もオーダーに気を使わない自由なオーダーが可能です。

読んでみよう

作業導入の簡略化

紙とペン

マニュアル作成とは初心者や経験のない方に対して内容を提示するために用いられる説明書のことです。マニュアル作成を行なう時は必ず5W2Hをしっかり認識しなくてはならず、初心者向けの記述が重要になってきます。

読んでみよう

Copyright© 2015 【これで物知り博士!】androidアプリ開発やITの今後の将来All Rights Reserved.